2006年 07月 30日
今そにある危機
f0075838_1555448.jpg選手たちがピッチを去ると同時にスタンドを出たので、その後のゴール裏の様子は分からない。怒鳴られても不思議のないゴール裏だった。

川崎・大分戦の雰囲気をそのまま持ち込んで戦うべきだったが、キックオフ前のスタンドにはまるで緊迫感がない。興味本位で浦和のゴール裏に来た地元の人間や普段指定席で見ているような家族連れが多数目に付いた。来るべき人間にチケットが渡らなかったことが悔やまれる。

再開後の浦和の戦いぶりを見れば、相手を圧倒するようなサッカーは期待できないことはわかっていた。中2,3日で劇的に良くなるとは思えない。というよりも内容はさほど期待できないと皮肉を込めるべきか。ならばあとはピッチ・スタンドが共にメンタルの部分でいかに相手を上回るかに勝負の分かれ目となる。川崎戦がその良い例であった。

来月にもアウェー3つを含む4連戦が待っている。2位という順位ではあるが、同じことを繰り返すようであれば優勝は厳しくなる。連敗すればリーグ優勝という目的を失いかねない。そうならない為にも危機感を持ってサポートしようと思う。

J1 第16節 
vs 1-1
2006/7/29 at 小瀬スポーツ公園陸上競技場
f0075838_15551612.jpg


f0075838_15553566.jpg
[PR]

by red-resident | 2006-07-30 15:56 | 浦和レッズ


<< いざカシマへ      天国に届いた >>