2006年 08月 31日
瞳を閉じて
数秒間、瞳を閉じると強烈な嗚咽感を身体を襲う。とは言ってもそれは試合を振り返ってのものではなく、単にお酒を飲みすぎただけの事だった。仲間の制止を振り切り、次から次へとコップを空にする。そしてホテルや家に帰って飲み過ぎを猛省する。負けは素直に認めるが、その度にお酒に頼ってしまう自分が恥ずかしい。

選手やフロント、審判に一言物申したい人は大勢いると思う。だけどそれをしても何も変わらない。我々はサポーター。その名の通り、スタジアムでサポートすることが何よりの仕事。試合で受けた悔しさは、試合で晴らすしかない。

来月から埼スタ3連戦。埼スタだからと安心して相変わらずの季節はずれの花見・宴会を経て緩い雰囲気で選手を迎えるのか。それともスタジアムが一致団結して緊張感に満ち溢れたピリピリとした雰囲気で選手を迎えるのか。横柄な物言いかもしれないが、平日に関東から大分に駆けつけた多数のサポーターのためにも、後者の形で願いたい。


J1 第21節 
vs大分トリニータ 1-2
2006/8/30 at 九州石油ドーム
f0075838_282123.jpg


f0075838_283861.jpg


f0075838_28529.jpg
[PR]

by red-resident | 2006-08-31 02:10 | 浦和レッズ


<< 長い一日      勝利の余韻に浸る暇はない >>