2006年 09月 17日
幸福
試合開始の5分前になると場内ナレーションやビジョンでのCMは終わってスタジアムは波を打ったように静まりかえり、緊迫感した雰囲気になる。試合終了後には選手挨拶→We are Diamonds→コールリーダーの喋りが終わるまで、場内ナレーションや音楽は一切流れない。サポーターの演出を生かすための、クラブの何もしないという演出。クラブとサポーターがお互いを尊重し合ってるからこその証。アウェイでは耳障りな音楽をガンガン垂れ流したり、スポンサー向けの過剰演出を行ったり、試合終了後の選手挨拶中にも関わらず、お楽しみ抽選の発表をやってるおバカなクラブもある。

某クラブでは弾幕の件や政治の介入の件でサポーターがフロントへ不信感を募らせていると聞く。サポーターを ”仲間” と考え、お互いを尊重しあいながら同じベクトルを持って上を目指す浦和。一方サポーターを ”お客” と考え、クラブの収入源くらいにしか捕らえていない某クラブ。

ここ数年浦和のフロントには補強・運営の面において驚かされることばかり。先を見すぎてサポーターがついていくのに必死なくらい。フロントとしては当たり前のことなのかもしれないが、ここまでくるのにはいろいろ紆余曲折あった。フロントに不信感を募らせた事など数え切れないほどある。でも昨今のクラブに不満を感じている人間はほとんどいないはず。

試合内容云々は信頼できる ”仲間” に任せ、我々はもっとサポートに集中しよう。サポートに集中できるクラブほど幸せなクラブはないはず。そんな話題に終始した昨日の祝勝会だった。


J1 第23節 
vsサンフレッチェ広島 2-1
2006/9/16 at 埼玉スタジアム2002
f0075838_13254516.jpg
[PR]

by red-resident | 2006-09-17 13:28 | 浦和レッズ


     長い一日 >>