<   2006年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2006年 08月 31日
瞳を閉じて
数秒間、瞳を閉じると強烈な嗚咽感を身体を襲う。とは言ってもそれは試合を振り返ってのものではなく、単にお酒を飲みすぎただけの事だった。仲間の制止を振り切り、次から次へとコップを空にする。そしてホテルや家に帰って飲み過ぎを猛省する。負けは素直に認めるが、その度にお酒に頼ってしまう自分が恥ずかしい。

選手やフロント、審判に一言物申したい人は大勢いると思う。だけどそれをしても何も変わらない。我々はサポーター。その名の通り、スタジアムでサポートすることが何よりの仕事。試合で受けた悔しさは、試合で晴らすしかない。

来月から埼スタ3連戦。埼スタだからと安心して相変わらずの季節はずれの花見・宴会を経て緩い雰囲気で選手を迎えるのか。それともスタジアムが一致団結して緊張感に満ち溢れたピリピリとした雰囲気で選手を迎えるのか。横柄な物言いかもしれないが、平日に関東から大分に駆けつけた多数のサポーターのためにも、後者の形で願いたい。


J1 第21節 
vs大分トリニータ 1-2
2006/8/30 at 九州石油ドーム
f0075838_282123.jpg


f0075838_283861.jpg


f0075838_28529.jpg
[PR]

by red-resident | 2006-08-31 02:10 | 浦和レッズ
2006年 08月 27日
勝利の余韻に浸る暇はない
f0075838_1222281.jpg2-0から1点返された選手たちが一番苦しい時間帯。中心地から『Pride of URAWA』が始まった。ピッチ上もゴール裏も相手選手の退場と2点差になったこと、サウナにいるような蒸し暑さで集中力が欠如しがちであったことは否めない。自分自身も久しぶりに90分間が長く感じられ、頭に体がついていかないこと時間も多かった。それでも赤で埋め尽くされたアウェイゴール裏は余力を振り絞って集中し、最後まで選手達を鼓舞し続けた。

試合終了を告げる笛と共に勝ち点3を取れたことに安堵した表情を浮かべる者、2リットルのペットボトルをがぶ飲みする者、いすにへたり込む者がいて、内容をとやかく言う者は少なくとも僕の周りには皆無であった。久しぶりの遠方アウェーでの勝利は、関東から長時間掛けて駆けつけたサポーターにはたまらないものであったに違いない。

しかし次節はすぐ目の前。勝利の余韻に浸るまもなく大分戦が待っている。昨年の悔しい思いもある。頭と身体をリフレッシュして万全な状態で大分に乗り込みたい。

J1 第20節 
vsセレッソ大阪 2-1
2006/8/26 at 長居スタジアム
f0075838_12223654.jpg


f0075838_12224464.jpg
[PR]

by red-resident | 2006-08-27 12:24
2006年 08月 24日
もうごめん。好試合のあとの敗戦
f0075838_21026100.jpgゴール裏の雰囲気は選手たちに伝わると考えている。それがサポートの魅力であり選手との一体感を生む。当然それは、スタジアム全体に広がり浦和のリズムを作る。今日はサポーターの緊張感のなさが選手に伝わったのかもしれない。コールリーダーと言われる人たちが、しきりに鼓舞するが周りの反応は鈍い。熱くなっている姿をまるで他人事のように見ている。
「もうごめん。好試合のあとの敗戦」
MDPのサポーターページにはこんなタイトルが付けられていた。このタイトルは選手をはじめとしたチームに向けられたものなのだろうけど、同時にサポーターに向けられたメッセージであった気がしてならない。今日のゴール裏の光景がまさに好試合のあとの敗戦時の緩んだ雰囲気に近いものがあった。残念ながら、『本当に勝ちたい』という気持ちが伝わりづらくなっているのだろうか。

好試合のあとに好試合をさせるために、サポーターができることは少なくない。ダレたゴール裏に試合の内容を批判する資格はない。単なる客なら必要ない。


J1 第19節 
vsアルビレックス新潟 3-1
2006/8/23 at 埼玉スタジアム2002
[PR]

by red-resident | 2006-08-24 02:11 | 浦和レッズ
2006年 08月 20日
流れは悪くない
f0075838_316493.jpg残り20分で0-2のビハインド。気持ちが萎えても致し方ない状況。しかし浦和の選手、サポーターの執念が劇的な同点劇を生んだのだろう。決して偶然ではないはず。

この試合によって首位を奪われ、勝ち点2を失ったダメな試合と取られる人もいると思うが、自分はそうは思わない。ゲームは闘志があれば勝てるほど甘くはないが、少なくとも闘志あるプレイの結果の敗戦ならば納得できるし、次のゲームにも期待が持てる。連敗しようが必死に戦っているのなら、いつまでも変わらずサポートしたくなる。逆に勝利でも、戦う姿勢が見られなければ素直には喜べない。気持ちの入っていない上手いサッカーだけを見せられても実に味気ない。

日本代表も含めて猛暑の時期に厳しい連戦が続く。昨年、鹿島での死闘直後のホーム・大分戦での不出来な試合を繰り返さないよう、気持ちを強く持ち続けよう。


J1 第18節 
vs鹿島アントラーズ 2-2
2006/8/19 at カシマスタジアム
f0075838_3161676.jpg


f0075838_3162353.jpg
[PR]

by red-resident | 2006-08-20 03:46 | 浦和レッズ
2006年 08月 13日
いざカシマへ
GWの埼スタでボコボコにされた鹿島は来週リベンジを果たそうと
強い気持ちで望んでくるはず。
今まで以上に厳しい試合になることは明白。今日のようにはいかない。

順位とか内容とか代表とかどうでも良い。
目の前の試合で勝ち点3を取ることに集中しよう。

相手以上の強い気持ちと浦和のプライドを持ってカシマスタジアムへ。


J1 第17節 
vsFC東京 4-0
2006/8/12 at 埼玉スタジアム2002
f0075838_095262.jpg
[PR]

by red-resident | 2006-08-13 00:16 | 浦和レッズ